annone

BLOG

2019.05.14ブログ

Omar Offendum

今日は、
生徒さんの一人が取り組んでいる振付の
ご紹介です。



「ライラとマジューン」
というペルシャの物語を知ってますか?

ライラという美しい女性に
恋い焦がれるあまり、
狂人になってしまった男のお話。

そんな物語を、
アラブの楽曲ではないのすが、
バイオリンとアコーディオンの音色が
美しく繊細な音楽と共に紡ぎながら、
振付作ってます。

楽しい!
どんな作品になるのかお楽しみに^^

わたしもこの物語を読んだのが
だいぶ前だったので、(→2013年だって汗)

再読しようと思うも、
本どっか行っちゃった...(ガビョーン

でも怪我の功名!
全然見つからないので、本買おうと思って、ネットで調べてたら、
すっごいかっこいいアーティストを見つけた♡



Omar Offendum
(オマールオフェンダムって読むのかな?
日本語の情報がほとんどなかったので、
日本語読みは不確かです...)

アラブにバックボーンがあるラッパーで、
すごく政治的な発言をしてるアーティスト。

その彼が「ライラとマジューン」の物語を
ラップで歌った曲がありました。

英語ですが、
YouTubeのリンク貼っておくので
一度こ視聴ください。



(画像クリックでYouTube飛べます)

vimeoというサイトにあった動画の方が
もっとかっこいいので、
そっちのリンクも貼っておきます。

中学学校かな?で
この物語のことを話してる映像です。


(画像クリックでvimeoに飛びます)

ライラとマジューンの物語を
久しぶり紹介したいので
また次回翻訳して物語を
ブログにできたらと思います♪



プライベートレッスンでは、
こうやって踊り手と共に
作品を創るというレッスンもやっています。

グループレッスンだと
一方通行になりがちな振付も
プライベートレッスンなら、
踊り手のことを考えながら
創作できるし、
唯一無二な完全オリジナルの振付ができるから
わたしの大好きなクリエイテェブな時間です。

興味ある方はぜひ一度
体験レッスン(¥5000/回)いらして下さい^^
いつでも待ってまーす♡ tazuko
annone