ベリーダンスと妊娠のお話 -妊娠中期と妊娠糖尿病編-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

妊活編・妊娠超初期編&初期編は、
こちらのアーカイブから↓

https://bellydancelesson.jp/category/ベリーダンスと妊娠のお話/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

珍しくステージ続きで、間が空いちゃった汗

妊娠後期に入って、立て続けに4本もステージあった

&急な引っ越しも重なり、公私ともにわーわーとばたばたしてました。

そんなステージのお話しはまた追って、今日は、妊娠中期のお話をば。

さて、わたしの妊娠中期、

この1番妊娠中でハッピーと言われる妊娠中期は

妊娠糖尿病と共にスタートしました。

せっかくつわりから解放され、

まだお腹も大きくないから身体も動く!絶好調ぅーーー

なはずなんだけども…

妊娠糖尿病…

診断された時は、

え?!わたしが?!なんで?!絶対診断間違ってる!

と、かなり糞返したのを覚えてます。

だって、75gぶどう糖負荷試験という糖尿を検査する結果で、

たった1項目、たった3gオーバーで

「あなたは妊娠糖尿病です」と診断されただけなんだもん!

ほんと解せなかった。

その後すぐ、

通ってる産婦人科と提携する糖尿病専門の病院に送り込まれ、

血液検査で更に詳しく調べることに。

結果、ヘモグロビン数値6%で糖尿病と診断される基準に対し、

わたし5%…

え?全然大丈夫ぢゃん。


(→因みにその後、3回定期的な血液検査してるのですが、

全てよゆーで6%以下。インシュリン注射の世話になることなく、

9ヵ月迎えてます。)

これが血糖値測定器。針でちくっと刺して、血液を右の検査キットで測定するの。

けれども、 やれやれ…

なんとも組織っぽい病院経営…

企業体質の事なかれ主義なリスクヘッジの取り方

…と全力で感じたのはわたしの個人的感想で、

念のためというエスキューズで2週間に1度の通院が始まったのです。

加えて、毎日食前後の気が滅入りそうになる血糖値測定&食べ物記録…

テンプレートな健診内容と、

いやそれネットや本で全部仕入れられる情報なんすけど!

レベルの食事・栄養カウンセリング…

そして飛んで消えてく馬鹿にならない額の診察代&カウンセリング代…

ため息つくも、

「赤ちゃんが危険な状態になりますから」

なんてキラーワードだされりゃ、

これが初産のわたしはグゥの音も出ず、

この通院って意味あるの?

と疑心を抱えたままただただ従い通院するのみ。

とにかくすんごいストレス!!!

定期検診後は、決まってイライラMAX!!!

狂ったように、

ハイカロリー&血糖値上がりそうなジャンクフードを食べたいだけ、

たらふく喰って、

糖尿病なんて糞食らえーーー

と吠えてましたw

とはいえ、そんなストレスばかり感じてても、

自分にとってよくないので、

これはこれで食生活を見直すいい機会だと思い、

栄養学のことも少し勉強してみました。

思い返せば、見直すもなにも、全然気にしてなかった食事…

食べたいものを、食べたい時に、食べたいだけ食べてただけ。

何を食べてたかなんて記憶にないレベルで無頓着だってことに気づく。

強いて言えば、

妊娠前は、手取り早く、

レッスンやステージで溜まる疲労をプロテインやBCAAなどのサプリでケア、

妊娠してからは、

プロテインやBCAAの代わりにスポーツドリンクで

なんとなくケアしてたなぁくらい。

(つわりでスポーツドリンクしか口にできなかったてのもあるけど。)

あとは、

「疲労回復=糖分摂取」

だと頑に信じてたので、

積極的に甘いものはよく食べてた。もともと甘党で甘いの大好きだしねw

食生活を見直すにあたり、

「疲労回復=糖分摂取」

間違いではないけれども、諸説あることも初めて知り、

そんな食生活を改めるべく、

食事で身体を中から整えることを色々と試行錯誤。

色々試したけど、

いわゆる「粗食」と呼ばれる食事が1番調子がいい!というところに落ち着き、

わたしは、

なるべく旬の食材を食べるのを心がけつつ、

以下の食材をメインに自炊してます。

いつぞやの夕飯。むくみが気になってたのかな。カリウム豊富な食材ばっかw

・炭水化物…妊娠中なので完全に抜くのはNGなので一食80〜100g目安

 →玄米、全粒粉パンorパスタ

・タンパク質…動物性も植物性も両方バランスよくを心がけて

  →納豆、豆腐、ツナ缶、鶏胸肉、卵、チーズ

・ざっくりビタミン類…肉体疲労やお肌トラブルの回復に

 →豚肉、アボガド、トマト、ブロッコリー、人参、白菜、キャベツ、アーモンドミルク

・硫化アリル・アリシン…ビタミン吸収の手助けしたり、血液サラサラ効果

 →玉ねぎ、ネギ類

・水溶性食物繊維…腸内環境を整える&糖の吸収が穏やかになる

 →きのこ類、ゴボウ

・鉄分…貧血対策に

 →ほうれん草、あさりの水煮缶、切り干し大根

・カリウム…むくみ対策に

 →バナナ、大根、オクラ、ザーサイ

・甘いもの…どーーーうしても食べたい時

 →ヨーグルトに羅漢果をかける、グリコのSUNAOシリーズ、naturalLAWSONの糖質オフコーナーにあるチップスやブランパン、LOTTEのゼロチョコレートなど

カルボナーラが食べたい時は、全粒粉のパスタと豆乳、そして葉野菜いっぱい入れて工夫。
もちろんパスタの前にサラダを食べてからね。

つわり終わったら、行きたいお店、食べたい食べ物…

いっぱいあったのに泣、

妊娠中期から今に至るまで、毎日ほぼほぼ自炊。

お陰で、料理の腕もあがり、レパートリーも増えたし、

はからずも体重コントロールもでき、

結果オーライだけど、

でもやっぱり、

たまにはお派手に外食もしたいし、

ジャンクフードも食べたよねw

ハラペーニョバーガーが大好きです❤︎

故郷沖縄に、

「口から、しーら(=災い) いーる(=入る)」

っていうことわざあるんけど、いやこれほんと!

食べたもので自分ができてるみたいな意味にプラスして、

うちのばーちゃんは、

口から発する言葉で自分ができるって良く言ってたなぁ。

口にするもの(食べ物&言葉)には気をつけなさい。

妊娠糖尿病なったおかげで、ありありと痛感するおばぁの言葉です。

次回は、妊婦がステージに立つことの賛否なんかを書こうかな。

tazuko